ヘルペス治療薬

ヘルペス治療薬

ヘルペスの症状

疲労、ストレスなど肉体的であったり精神的なものに影響があると、免疫力は低下してしまいます。そのようなときに発症してしまうのがヘルペスです。口唇ヘルペスという、唇やその周辺にだけ症状が現れるもの。性感染症(STDともいわれます)でもある、性器ヘルペス。他にも水痘・帯状疱疹ウイルスによって発症する水ぼうそう(主に幼児期に罹患する)と、帯状疱疹もヘルペスの症状の1つです。これらのヘルペスウイルスによって起こる症状には、抗ウイルス薬を使い早めに治療を行わなければなりません。

ヘルペス治療薬の種類

再発をしてしまった人はご存知かもしれませんが、初めて知る方もいらっしゃるだろうと思われますので改めて。ヘルペス治療薬には2種類あります。「ゾビラックス」という名の薬と、「バルトレックス」という名前の薬です。どちらも製造はとても有名なグラクソ・スミスクライン社によって開発されました。いずれもヘルペスウイルスの増殖を抑えて症状を緩和します。早速ではありますが、それぞれの特徴を見てみましょう。

ヘルペス治療薬の種類

ゾビラックスは世界で初めて開発された抗ウイルス薬と言われています。開発者はノーベル生理学・医学賞にも選ばれ、画期的な薬であることが伺い知れます。主成分は「アシクロビル」といい、ヘルペスウイルスのDNA合成および増殖を阻害して活動を停止させます。ウイルスはヒトの細胞を使い、自身を複製し増殖をしていきますので止めることが出来れば症状は収まっていきます。

ゾビラックスには錠剤の他、軟膏や点滴など色々な形状のものがあるのですが、今回は錠剤での服用方法について説明をします。症状を発症した場合には1日5回服用が必要であり、1回の服用には200mg錠を服用をします。こちらは単純ヘルペス(口唇・性器)の場合なのですが、帯状疱疹の場合には服用回数の1日5回は変わらないものの、1回800mg錠を服用しなければなりません。用量の違いがありますので注意をしましょう。

そして欠点としても挙げられるのがこの服用回数です。吸収効率が悪いため、このように多くなってしまいます。飲み忘れがあったり煩わしさを感じてしまうため辛いところもありますが、効果は抜群ですのでこの回数を守らなければなりません。そしてその欠点を改良した薬があり、同じくヘルペスにとても有効な薬が開発されました。それがバルトレックスです。

プロドラッグであるバルトレックス

プロドラッグであるバルトレックス

バルトレックスは単純ヘルペスウィルスおよび帯状疱疹の治療にあてるヘルペス治療薬です。主成分である塩酸バラシクロビルがヘルペスウイルスのDNA合成、複製を阻害し症状を緩和していきます。ゾビラックスとの違いは先にも記述したように、その服用回数です。単純ヘルペスであれば1日2回、帯状疱疹であれば3回とおよそ半分にまで減ります。症状により服用する用量が違いますので気を付けて下さい。

ではなぜ服用回数は減るのに効果があるのか?それは吸収率を高めたからです。これはゾビラックス説明の際にも触れました。バルトレックスはいわば改良された薬であり、内服した際に体内で、アシクロビルに変換をされます。体内でそれが行われるため吸収効率がいいのです。こういった薬の事をプロドラッグといい、その他にもいくつかプロドラッグである医薬品があります。

優秀な薬のバルトレックスにも欠点があります。それは価格が高いこと。保険適用した際でも1錠約550円です。保険適用が無い場合はおよそ1800円以上でありさらに服用回数(錠剤の数)と日数分を合計するとかなりの金額になるのが分かると思います。ですが今では「バルシビル」というジェネリックが製造されており、その効果は変わらないものの価格が3割以上も安くなっています。服用したい場合かなり費用を抑える事が可能であり、ファーストチョイスにもなりえるのではないかと思います。

バルシビルはお得

バルシビルはお得

バルトレックスは単純ヘルペスウィルスおよび帯状疱疹の治療にあてるヘルペス治療薬です。主成分である塩酸バラシクロビルがヘルペスウイルスのDNA合成、複製を阻害し症状を緩和していきます。ゾビラックスとの違いは先にも記述したように、その服用回数です。単純ヘルペスであれば1日2回、帯状疱疹であれば3回とおよそ半分にまで減ります。症状により服用する用量が違いますので気を付けて下さい。

ではなぜ服用回数は減るのに効果があるのか?それは吸収率を高めたからです。これはゾビラックス説明の際にも触れました。バルトレックスはいわば改良された薬であり、内服した際に体内で、アシクロビルに変換をされます。体内でそれが行われるため吸収効率がいいのです。こういった薬の事をプロドラッグといい、その他にもいくつかプロドラッグである医薬品があります。

優秀な薬のバルトレックスにも欠点があります。それは価格が高いこと。保険適用した際でも1錠約550円です。保険適用が無い場合はおよそ1800円以上でありさらに服用回数(錠剤の数)と日数分を合計するとかなりの金額になるのが分かると思います。ですが今では「バルシビル」というジェネリックが製造されており、その効果は変わらないものの価格が3割以上も安くなっています。服用したい場合かなり費用を抑える事が可能であり、ファーストチョイスにもなりえるのではないかと思います。