バルシビルの効果

バルシビルの効果

バルシビルはヘルペス治療薬であるバルトレックスのジェネリックになります。ゾビラックス、バルトレックスの販売元はグラクソ・スミスクライン社ですが、バルシビルはインドに本拠を置く製薬メーカーのシプラ社より販売されています。シプラ社は他にも多数のジェネリックを販売しており、インド国内はもとより世界でも有名なジェネリックメーカーといえます。もちろん日本でも海外医薬品をメインに購入されている人はご存知のはずです。

主成分も当然ではありますが、バルトレックスと同じ塩酸バラシクロビルです。この成分がヘルペスウイルスの合成を阻害し、増殖をさせないようにします。ですのでなるべく早く気付いて服用すれば、より症状が軽いまま治療を行うことが出来ます。ヘルペスを罹患したことがある人は割とその兆候を察知出来る人が多いと言います。

服用回数も変わりなく、単純ヘルペスウイルスにより発症する口唇ヘルペス性感染症でもある性器ヘルペスには1回1錠を1日2回(500mg)。帯状疱疹になってしまった場合には1回1錠を1日3回(1000mg)服用します。ゾビラックスと違い、服用回数がおよそ半分になっているため忘れることもあまりないでしょうし、手間もそこまでかかりません。

バルシビルは海外医薬品ですので、日本国内で購入する事は出来ません。海外医薬品を扱う通販サイト、もしくは自身が直接購入する事でしか手に入れることが出来ないので注意して下さい。バルトレックスのおよそ3割~5割の金額で購入が出来ます。1錠あたり約180円から購入が可能です(それぞれのサイトにより多少金額が前後します)。ですが通販サイトで購入する場合、到着までに日数がかかりますのでその点には留意をして下さい。ヘルペスは初期症状で抑えることが最も大切です。

ヘルペス治療薬のジェネリックで人気が高いバルシビル。バルトレックスと変わらぬ効果を持っており、なおかつ金額も抑えられていますのでコストパフォーマンスが良い薬といえます。再発のしやすい人はもしもに備え購入してみてはいかがでしょうか?