バルトレックスの効果

バルトレックスの効果

バルトレックスはヘルペス治療薬の1つです。もう一つの治療薬であるゾビラックスの欠点を改良し、服用回数が少なくなって使いやすさが上がりました。そのため処方される治療薬はこのバルトレックスが主流になってきています。そういった意味でも第二世代の抗ウイルス薬とも言われます。

主成分の塩酸バラシクロビルは、体内で暴れているヘルペスウイルスのDNA合成を阻害し増殖出来ないようにします。このウイルス増殖が症状をひどくしていく原因です。そのためまだウイルスの数が少ないうちにバルトレックスを服用し、増殖を抑える事により治療を早く終えることが可能となるのです。

ゾビラックスのおよそ半分の服用回数ですみます。口唇ヘルペス、あるいは性器ヘルペスであれば1回1錠を1日2回で。帯状疱疹であれば、1回1錠を1日3回です。他の薬と同様の服用回数ですので、風邪を引いた時などに行っていた薬の服用を思い返せばそこまで苦にはならないと思います。1日に5回服用しなければならないゾビラックスと比べると、かなり違うのではないでしょうか。

服用回数が少なくてすむ理由は、バルトレックスがプロドラッグであるためです。実は元になっているものは、ゾビラックスの主成分でもあるアシクロビルです。これに必須アミノ酸であるバリンを結合させることにより、バラシクロビルが合成されます。服用し、塩酸バラシクロビルは小腸から吸収されます。その後に、肝臓でアシクロビルとバリンに分解をされ薬効を発揮するのです。このように吸収効率が上がったおかげで服用回数が少なく、かつヘルペスという症状に非常に高い効果を持っているのです。

ですのでゾビラックスからバルトレックスに置き換わったようにも思われますが、価格が高いことが欠点であるため完全に切り替わわるには時間がかかるでしょう。金額の差でゾビラックスを希望する人はまだいると思います。そしてどちらもヘルペスには有効であるため、服用回数が違えどその結果には変わりないからです。

一長一短ありますがまずは何よりも早く症状が確認できればすぐに服用をすること。ヘルペス治療にあたっては原則となる事です。特に再発しやすい人にとってはストックを持つことをおすすめします。それは海外医薬品を扱う通販サイトにより可能ですので、事前に購入しておきいざというとき服用すればすぐに対処出来ます。非常におすすめの方法です。