口唇ヘルペスについて

口唇ヘルペスについて

小さな水ぶくれが多数でき、いつの間にか大きくなってしまい目立つ。そのような急性皮膚炎症をヘルペスといいます。原因はヘルペスウイルスに感染、または潜伏していたウイルスが目覚めたことによるものです。ヘルペスは抵抗力が落ちていると再発する可能性のある症状で、厄介であるといえます。

ヘルペスにはいくつかの症状があるのですが、こちらのページでは口唇ヘルペスについてお送りします。その名の通り唇、そして周辺に症状が現れます。初めて発症した場合は、発熱を伴ったりすることもあるので侮ってはなりません。発症のサインはピリピリとした痛み。再発する人にとっては分かりやすいサインともいえるでしょう。その時にヘルペス治療薬を飲めば、軽い症状で収まります。

治療薬にはゾビラックスと、バルトレックスが主に用いられます。それぞれの主成分がウイルスの増殖を抑えて症状を緩和していきます。ヘルペスウイルスは自分で増殖をすることが出来ないので、現れ始めた時に治療薬を使うのが最も効果が高いのです。これらの薬はあくまで活動をさせないためであり、ウイルスを殺すものではありません。体内に残ったウイルスは神経に潜み、抵抗力が弱った時にまた活動を始めます。

つまり再発してしまう理由は、完全にウイルスが体内より消滅しないことなのです。残念ながら現代医学ではまだそのような治療薬は開発されていません。ですので再発防止にはストレスを解消、疲労の蓄積をしすぎないなど自分の調子を気にかけるのが必要です。それが体の抵抗力の低下を防ぐ有効な方法です。

そしてウイルスは感染力が強いため、接触によっても起こる可能性があります。自分の使ったタオルや食器を他人に使わせない、破れた水ぶくれにあまり触れない、恋人や家族にキスをする事によっても感染します。また性行為、特にオーラルセックスにより相手の性器と自分の患部が触れてしまうと性器ヘルペスとして発症させてしまう可能性もあります。それは逆の立場でも同じです。そういったことも考え、発症中は性行為も控えて下さい。