帯状疱疹について

帯状疱疹について

帯状疱疹は体の片側に起き、そして激しい痛みを伴うヘルペスの症状の1つです。非常に特徴があるので、発症した場合すぐに分かると思います。水痘・帯状疱疹ウイルスによって起こります。これは子供の頃にかかる事が多い水ぼうそうの原因ともなり、治っても体内から消滅することはなく何年も神経節へ潜みます。

それが加齢、ストレス、疲労の蓄積、またはなにかの病気を発病した場合の免疫力が低下した場合にウイルスが目覚め帯状疱疹となるのです。ヘルペスであるため、水ぶくれや赤みがかった発疹が体の片側のみに出来ます。そして神経にも及び、それが痛みの原因となります。

帯状疱疹について

ですので早めに対処をすることにより皮膚症状も痛みも取り除くことが出来ます。口唇ヘルペス性器ヘルペスと同様にゾビラックスもしくはバルトレックスで症状は改善します。そしてこれは後遺症を防ぐ事にも繋がります。帯状疱疹の痛みは、回復をしても残ってしまうことがあるためです。

おおよそ3ヶ月経ってもそれが残っているのであればPHN(帯状疱疹後神経痛)であると考えても間違いないでしょう。原因は神経に傷が残ってしまい、治らないからです。この症状は高齢者、もしくは治療薬の服用が遅かった場合起こるケースです。特に高齢者は神経の傷が治るのが遅いため多くなるのだといいます。

痛みが残った場合には局所麻酔を使って抑えるという方法もあるので、日常生活にも支障が出てしまうと考えられます。そのために治療は速やかに行わなければならないのです。

帯状疱疹について

ですが帯状疱疹を発症する人は10人に1人か2人くらいの割合であり、一度なってしまえば再発の可能性が少ない症状です。基本的には上半身に出来るものなのですが、顔面にも及ぶことがありその際は顔面麻痺を引き起こしてしまう事もあります。目にも症状が及ぶなどもあるようなので、軽く考えずに必ず医療機関で適切な処置を受けましょう。そして後遺症を残さないためにも早くヘルペス治療薬を服用し、症状を抑えるようにして下さい。