性器ヘルペスについて

性器ヘルペスについて

性感染症でもある性器ヘルペスの原因は、性行為などでヘルペスウイルスに感染することによって発症します。症状は性器や周辺、太ももや尻にかけて水ぶくれ、ただれなどが起きます。かゆみも出てきますので患部を出来るだけかかないようにして下さい。初感染した場合には口唇ヘルペスと同じように高熱が出る事があります。また女性の場合は膀胱、子宮にも症状が出ることがあり、排尿時に痛みが出るため困難になる事もあります。

感染の原因は性行為はもちろんそうですが、それに準ずる行為であるオーラルセックスでも感染をします。どういうことかというと相手が口唇ヘルペスを発症しているにも関わらず行為を行い、性器に触れる事によって感染します。性器ヘルペス、口唇ヘルペスも単純ヘルペスウイルスによって起こるためこういったケースもあるのです。

そして自身が口唇ヘルペスの場合、患部へ触れた手で性器に触れる事でも感染をするようです。感染力が強いと言われていますので人との接触もなるべくなら避けたほうが良いでしょう。また体を拭いたタオルからも感染してしまいます。また症状が出ていない場合でも皮膚や粘膜にウイルスが出ている事もあるみたいです。症状に自覚がないものの感染させてしまう、というケースも多いため性行為に関しては避妊具を付けて臨むべきであると思います。

では次にヘルペスの治療方法です。それにはヘルペス治療薬であるゾビラックス、もしくはバルトレックスを用います。それぞれの主成分がウイルスの増殖を抑えます。ヘルペスウイルスは自分の力では増殖を行えません。人間の細胞に入り込まないとそれが出来ないのです。症状を進行させないためには初期の段階で増殖を抑えこむことが鍵となります。そうすれば患部は広がらずに1週間ほどで回復出来るでしょう。

再発のきっかけとしては疲労の蓄積、ストレスの蓄積など体と心が疲弊している場合に現れたりします。適度にリフレッシュをしたり、バランスの良い食事を取ったりするなど気負いしない程度に自身を気遣ってあげて下さい。ですがもしも症状が出てしまったら早期に治療薬を飲み改善を図りましょう。