性感染症について

性感染症について

性病とは、性行為、それに準ずる行為などによって感染してしまう病気のことです。性感染症とも言い、現在はこの呼び方の方が多いかと思います。STDとも呼ばれており、正式な表記は「Sexually Transmitted Diseases」です。性感染症には症状や経路など様々な種類があり、放置すると重症化する危険があるため、必ず治療せねばならない症状であります。

代表的な症状はクラミジア、淋病、尖圭コンジローマ(ヒトパピローマウィルス)、梅毒、HIVなどでしょう。そして性器ヘルペスも性感染症の1つであります。その症状は性器やその周辺に小さい水ぶくれ、そしてただれが起きかゆみが起き、見た目にもなかなかひどいものであるといえます。

日本で一番多い性感染症はクラミジアといわれており、感染者とのセックスやケアを怠ると自分もキャリアになるかもしれません。その場合どうなってしまうか?そこで今回はこちらを例に挙げ、少し触れてみましょう。女性と男性では症状が違い、女性の場合ほとんどの方が自覚症状がなく気付かないようです。オリモノが少し増える程度で終わる方も多いのでそのまま放置してしまいがちといいます。

しかし、腹腔内まで感染が広がると重症となり、最悪の場合激しい腹痛に襲われ救急車で運ばれるというケースにも発展してしまいます。それにより子宮外妊娠の原因にもなるという恐ろしい症状なのです。また一番厄介な問題なのが妊娠時に罹患していた場合、自然分娩の時に新生児へ感染する恐れがあります。そうなると新生児は重度の肺炎を起こしたりし、命に関わります。

性感染症について

感染は性行為だけではなく、それに準ずる行為のオーラルセックスでも起こります。クラミジアや淋病はこのケースによる感染者が非常に多く、現在問題となっています。そしてヘルペスもオーラルセックスにより口から性器、性器から口へと感染する症状であります。

口唇ヘルペスを発症している相手より、口腔による性的愛撫を受けて性器ヘルペスになった方も多いです。分類上分けられてはいるものの同じウイルスであるためです。口唇ヘルペスを起こすものが1型、性器ヘルペスを起こすものが2型です。感染力が強く特に粘膜の接触は皮膚というバリアが無い分、危険度が増しますので必ず治療を完了してから性行為に及んで下さい。